イタリア料理 ピザ

イタリア料理 ピザ

イタリヤ料理で「パスタ」と人気を二分するのは「ピザ」ではないでしょうか。特に若者や子供に人気が高く、いまでは少し大きな町だと、たいていピザの宅配店があり、好きなときに自宅まで配達してくれるようです。

 

浜松の居酒屋は個室の利用におすすめです

 

本場イタリアではこのピザは地域によって製法や形状などが異なり、それぞれ独自の食文化を形成しています。したがってパスタと同じように、その種類は千差万別です。【ピザはどのようにして作るのか?】ピザの作り方はそれほど難しくはありません。ピザクラストと呼ばれる生地にトマトソースを塗り、その上にチーズを溶かし込み、ピーマン、タマネギ、マッシュルームなどの具を乗せます。

 

陣 川崎店

 

ビザ店などでも見ることがありますが、大きな窯などで焼く場合には出し入れには「ピザピール」と呼ばれる道具を用います。なお、本場イタリアではトマトソースやチーズを使わないピザもあります。地元ではトマトソースを使わないピザのことを「ピッツァ・ビヤンカ」(白いピザ)と呼んでいます【本場ではピザはこうして食べる】イタリアではピザは普通1枚が1人前とされ、ナイフとフォークを使って食べます。

 

古き良き大衆酒場的な雰囲気の"ネオ大衆酒場"

 

地方によって食べ方は違いますが、ナポリ地方ではソースのかかった内側の部分だけを切り取って食べ、まわりの硬い部分は残すことが多いようです。一方アメリカでもピザは大変発展していますが、その食べ方はイタリアと違い、ナイフやフォークは使わずピザカッターと呼ばれるナイフで1枚を放射線状に切って、一切れづつつまんで食べるのが普通です。日本もだいたいこのスタイルのようです。