フランス料理  マナー

フランス料理  マナー

フランス料理がもっとも一般的に出されるのは高級ホテルのレストランではないでしょうか。ホテルは格式を重んじる場所です。したがって高級ホテルと呼ばれる場所ではそれなりのマナーが求められます。ホテルの中で特にマナーが重視される場所はレストランです。それも和食や中華料理では服装さえ注意すればあとは特にはないのですが、フランス料理が中心になるレストランではそうはいきません。

 

五反田の居酒屋で個室を楽しもう

 

ずらりと並んだナイフ、フォークはもちろん、フィンガーボールと呼ばれる銀製のまるい器など、初めての人にとっては、いったいどうして使ったらいいのだろうと、迷ってしまいます。【フランス料理といっても、マナーに対してそれほど神経質になることはない】マナーとは、人に迷惑になる行動をとらないということです。したがってとりわけ難しく考えることはありません。よく「使い方が分からない」といわれるものに「フィンガーボール」があります。

 

http://r.gnavi.co.jp/gaww700/

 

これは指先を洗うための水が入っている器で、手を使って食べてもいい料理の時に指先を洗うためのものです。たとえばエビやカニなどの甲冑類の料理などのときに使うのです。それから、ずらっと並べられているナイフフォークですが、これは外側から順番にとって使い終わったらお皿の上に揃えて置けばいいだけのことです。「フランス料理にはマナーが大事」とよく言われますが、特に神経質になることもありません。よく考えてみてください。

 

 

 

外国人が和食を食べるとき、たとえお箸の使い方が間違っていても、誰もそれを咎めたりはしません。したがってフランス料理を食べるときも、たとえナイフやフォークの使い方を少し間違えたとしても、特に咎めたりする人はいません。ですから、難しく考えることなく、硬くならずに人に迷惑がかからない程度で、自然に振舞い、楽な気持ちで食べればよいのです。