グルメに本物はいないという事実

グルメに本物はいないという事実

現代の日本には料理評論家や料理の鉄人などが溢れておりますが、料理というものは非常に幅が広く奥の深いものですので全ての料理に精通した人などはあり得ません。

 

また料理関係の歴史や種類に関する知識は豊富に有ったとしても、知識と味の感覚というものは別のものです。

 

 

 

長く修行した一流の調理人でも味付の感覚はもって生まれたもので決まるとも言われておりますので、調理人としての肩書きがあるからと言って美味しい料理を作れるとも言えません。

 

一時的に流行したテレビなどの鉄人ブームで優勝した調理人が経営するレストランなどでも首を傾げたくなる料理を低級している飲食店が結構多いものです。

 

新宿 居酒屋 個室 BEONE

 

知名度の高い料理人や料理研究家と称する方たちの料理のレシピを再現しても少しも納得できる料理が無いのが悲しい現実です。

 

また、料理や酒の知識が豊富で雑誌やテレビなどで知識の一部を説明している内容が間違いだらけの内容で在ることも多く見受けられます。

 

赤坂のおしゃれな個室

 

ミシェランというガイドブックが日本では大きな反響を呼んでおりますが、フランスのミシェランとは車のタイヤメーカー大手ですが、昔に車とタイヤの宣伝のためにフランスやヨーロッパを車でドライブするときのレストラン紹介を始めたものが、海外からの観光客のグルメガイドに便利ということで評判になった観光者向けのガイドブックですので、決して本当の食の専門集団では無いのです。

 

この様にグルメについては様々な企業や人物が宣伝のために浅い知識を売り物にしていることが多いものです。

 

音楽や絵画、料理などは人の育ってきた環境や感じ方で大きく違ってきますので本物のグルメなどという設定自体が難しいと言えます。