グルメが奮闘して作る新しい料理

グルメが奮闘して作る新しい料理

数年前にサンフランシスコのヒルトンホテル内に存在していた日本料理店がホテルの改築時を景気として46年の歴史を閉じましたが、このKIKU OF TOKYOという日本料理店をオープンさせたのが東京の本郷菊富士ホテルと熱海の名旅館石亭の長男でした。

 

本郷菊富士ホテルは明治27年に東京の本郷菊坂に開業したホテルですが、著名な小説家や竹久夢二などの画家が逗留して数々のエピソードを残した事で有名です。

 

3代も続いた名料理店の血筋を引いているだけでなく、美食家としても世界を旅して当時の日本人としては珍しい幅広い料理を研究してきたグルメでも有りました。

 

熊本 居酒屋ならほむら

 

氏はサンフランシスコの日本料理店を作るにあたって米国人が好むカリフォルニアの評判の美食をくまなく味わってみて「これなら勝負できる」と自信を得たそうです。

 

日本料理の調理技術の素晴らしさは他の国の料理に決して負けない素晴らしいものですが、如何にカリフォルニアの食材を使って地元のお客様が喜べる料理にするかがキーポイントでした。

 

情緒個室居酒屋 ツケアワセ

 

カリフォリニアの料理に迎合するでもなく日本料理の素晴らしさを失わない為の試行錯誤が新しい献立を産んでいくのだそうです。

 

「カリフォルニアには美食はない」という方がおリますが、それは本当のカリフォルニアを知らない方の言い分です。

 

アメリカには世界中から様々な料理のシェフたちがアメリカンドリームを求めて集まって必死に新しい調理法を研究しているシェフたちがいます。

 

天王 熊本店

 

その中で他の料理に負けないアメリカ料理としての新しい形で日本料理が誕生しているので何れは逆上陸で日本にも紹介されるかも知れない料理があります。

 

そのような隠れた名店は現地で美食を研究しているグルメの案内が必要です。