自分で食べて確かめるのが一番

自分で食べて確かめるのが一番

世の中には自称グルメや食通、美食家を名乗る方が数多くいますが、正直言って「人の口は余り信用出来ない」事が多くあります。

 

旅行などで知らない土地に出かけて美味しい店は無いかと旅行会社の方やホテルの案内の方にも聞きますが、自分の今までの経験では美味しい店に出会えた経験は極僅かでした。

 

 

 

特に海外旅行で初めての都市では出発前に日本で旅行会社の方に聞いて見ますが、彼らの多くは余り詳しい情報を持っていませんし人から聞いた話や旅行雑誌などからの情報が精一杯ですので無理なことかもしれません。

 

現地でホテルの案内の方に聞いても自分で実際に行ったことがないレストランの名前だけを知っていて推薦するのです。

 

旅行関係の雑誌やガイドブックに出ているレストラン案内もほとんど飲食店側が有料で観光客向けに宣伝していますので信用が置けません。

 

自称グルメや食通を自慢する方の推薦も、その方の味に関するレベルや育ちからくる感性が違いますのでピッタリ来るかどうかは分かりません。

 

 

 

日本国内であっても地域によって食に関するレベルが東京のような国際都市で育った方とは日頃食べているものも違います。

 

同じ日本料理でも京都や関西圏の味付を好きな方もいれば、名古屋や江戸っ子の好む濃い味つけが好きな方もいます。

 

このような感覚の違いは有名なグルメと称している方でも同じ事が起こります。

 

藤沢 イタリアン

 

グルメ家や料理評論を職業としている方の場合は、時に特定の自分が関係しているレストランを職業として推奨していることが有ります。

 

中には実際に食べたことのない飲食店をPR会社からの依頼で実際に行って食べたかのように記述することが有ります。
このようなことを考えますと結局は人の言うことは参考程度にして自分で確かめるしか有りません。